クルマと車にまつわるいろいろな話題

クルばな

F1 2019 Formula 1 ピエール・ガスリー マックス・フェルスタッペン モータースポーツ関連 第9戦 オーストリアGP

F1 第9戦 オーストラリアGP ホンダ13年ぶりの優勝!マックス偉い!・・・ガスリー空気

投稿日:

photo by Formula1

メルセデスの開幕8連勝というメルセデスファン以外は面白くともなんともない2019年のF1ですが、やっとメルセデス以外のマシンが勝ちました。
レッドブルホンダのマックス・フェルスタッペン!
ラスト5周は手に汗握る展開でテレビ画面に釘付けでした。
追い抜きの際の接触についてはこの記事を書いている時点ではまだ審議対象のままですけど、「おとがめなし」の裁定をしてほしいですね。

メルセデスが遅かったのか?フェラーリ、マックスが速かったのか?

メルセデスは3位4位スタートでマックス・フェルスタッペンのスタート失敗で前に出たにもかかわらず、結果は今季初めて優勝を逃しました。
ベッテルのほうが速かったり、メルセデスより下のポジションまで落ちたマックス・フェルスタッペンにも抜かれたりと暑さの影響もあったんでしょうかね。

メルセデスのマシンはあまり中継に映りませんでしたが、F1を面白く見たいと思っているファンはこういう展開を待ってたんですよね。
メルセデス、フェラーリ、レッドブルの3強、もしくはそれ以外のチームが台頭してくることを。

確かに、クラッシュやトラブルもレースを面白くする一因ですし、それがあったらあったで楽しめます。
でも、今回はリタイヤしたマシンはゼロ、全車完走でしたがそれでも面白かった。

なんだかここにF1人気復活の秘密があるような気がしますね。

しかし、マックス本人も言ってたように、スタート失敗でレースは終わったかと思ったんですが、そこから頑張ってくれました。

こまかな結果は当ブログより、他のF1専門メディアのほうが詳しいでしょうからそちらを参考にしていただくとして、マックス・フェルスタッペンってつくづく凄いドライバーだなって感心しました。

17歳で出てきたときは生意気なガキって感じだったんであまり好きではなかったんですが、レッドブルに移籍後は有言実行というか、口だけじゃなく結果を残すので成長がしっかりと伺えるんですね。

そうは言ってもまだ若いから、今回のレースやモナコのレース、去年のバクーのように若気の至りというか、少々の荒さがあるのも見ていて楽しめる部分ですね。

ホンダに嬉しい第4期初勝利!表彰台での田辺さんはちょっと涙ぐんでた?

ホンダの山本さんは笑顔でしたが、田辺さんは表彰台での険しい顔。
なんでかなぁと思ってたんですが、きっと涙をこらえてたんじゃないかと思います。


 photo by Formula1

スペック3のうちに勝ててよかった。

噂によるとホンダのパワーユニットは今シーズンスペック5まで予定しているとか。
ベルギーあたりでスペック4が入るという噂もあるので、残りのシーズンあと何勝かしてほしいですね。

 

こんな記事もおすすめ

-F1 2019, Formula 1, ピエール・ガスリー, マックス・フェルスタッペン, モータースポーツ関連, 第9戦 オーストリアGP

Copyright© クルばな , 2021 AllRights Reserved.